タブレットPCのWoLを調査しました

最近?話題の他端末からLAN経由でPCを起動できる機能「Wake on LAN(WoL)」について、所持しているタブレットPCで出来るかどうかを調べてみたのでメモ。
Wake on LANとは?


結論

先に結論を言いますと、タブレットPCではWake on LANは出来ません
少なくとも私が確認したものはということになりますが、おそらく回路構成が対応していないのでしょう。
まあバッテリー性能的に、電源OFF時にもLANボードは生かしておくとか、そういう仕様にはできないでしょうしね・・・。

調査したタブレット

少し前のものですが、以下の3つのタブレットPCを確認してみました。

  • HP x2 210 G2  Windows 10 Pro 64bit 10.1インチ
  • Microsoft Surface Pro3 Windows 8 Pro 64bit 12インチ
  • Diginnos DG-D09IW2SL   Windows 10 Home 64bit 8.9インチ
  • Lenovo ideapad MIIX 310  Windows 10 Home 64bit 10.1インチ

Wake on LANの設定

デバイスの設定

デバイスマネージャーより、ネットワークアダプターのプロパティを確認します。
(画像が粗く申し訳ございません)

※WoL可能なPCのプロパティ
※タブレットPCのプロパティ

Wake on LANの設定は「Wake on Magic Packet」を有効にすればOKです。
デバイスの設定としてはWoL出来る/出来ないに関わらず、設定は可能です。

BIOSの設定

まずはWoLが可能なPCのBIOS画面です。
S5 Wake on LAN」という設定が存在します。ここを「Enable」に設定しておけばOKです。

ただ、これで機能が利用できない場合もありますので、その時はLANデバイスの電源設定も確認してみてください。PCの電源OFF時にLANデバイスへ電流が供給されていない可能性があります。

次にタブレットPCのBIOS画面です。
「S5 Wake on LAN」に相当する設定は存在しません。
つまりはタブレットPCは対応していないのです。

最後に

デスクトップPCにおいては大体が対応しているWake on LANですが、タブレットPCでは今のことろ非対応のようです。また、スリープ復帰動作についても確認したいところですね。
今後、対応しているものが見つかった際にはご報告させて頂きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA